読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あるドラマーが音楽を通して見ている景色

音楽を「聴く、作る、奏でる、感じる」ことに関する話しを書いてます。

演奏能力を磨くということ。その2

ドラムを個人的に教えるようになって7年くらい。

どうしても手を焼いてる教え子が1人。

 

メタル系が好きでとにかく手足を早く複雑に動かしたい模様。

実際速く「動く」けど本人が思ったようには「聞こえていない」

録音して聞かせるといつも凹む。

だけどめげずに速度の強化ばかり取り組んでいる。

 

そういうドラマーを何人か見て来て修正させてきたけど

今回の子は時間がかかりそう。

 

叩いた時の感触だけでプレーの出来を判断している人は

耳で判断できるようになった時に思いっきり手数が減りプレーもシンプルになる。

自分が出来ていたと思っていたことが実は出来ていなかったことに気がつくから。

 

上達は己の下手さを知って一歩目ですね。