読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あるドラマーが音楽を通して見ている景色

音楽を「聴く、作る、奏でる、感じる」ことに関する話しを書いてます。

楽器の習得に近道はあるのか

いつだったか

ホリ◯モン氏の発言で話題になった寿司職人さんの話題じゃないですけど

 

楽器を習得することに近道はあるのか?

というお話。

 

正直、個人的にはYes、No両方あると思っています。

 

楽器の習得した状態というのをまずイメージしてみましょう。

イメージその1

「音楽学校を素晴らしい成績で卒業した」

というのを習得した状態の1つとします。

この状態のことであれば近道はあると思います。

クリアすべき課題が設定された状態でスタートする

そうなるとそれに辿り着く道筋というのは先人達が切り開いた道がいくつあるはず。

その中に自分が歩いて行ける道があればわざわざ遠回りする必要はないかもしれません。

 

ではイメージその2

「理想像が自分の頭の中にしかない場合」

こうなると道を切り開くのは自分自信になってしまうので

近道も遠回りもないですね。

 

そしてまた別な話しですが

100回の練習より1回の本番

という言葉があります。

でもこれって本番に用事ない人は100回でも1000回でも練習すれば良いと思います。

 

本番に用事がある人はきっと本番で緊張してしまったりして

納得のいく演奏ができなかったと悔しい思いをしたこともあると思います。

そんな経験を二度としないために練習の内容や質を向上していくようになります。

最初から何も失敗せず進んで来た人はわかりませんが、

自分に必要な物が何かを考えながらやる作業はやはり近道はないですね。

そのうち近道を見つけられるようになるかもしれませんが。

努力は裏切らない

かもしれませんが

ちゃんとした方向に向かって努力しないと努力したことにはならないので

やはり遠回りにはなるかもしれないですね。

 

 

ドラマーの仕事の1つ。

人間の感覚ってどのくらい曖昧でどのくらい正確なのかわかりませんが

とりあえず楽しい時間はあっというまで退屈な時間は長く感じますよね?

 

音楽ってのは時間を使う表現なわけですが。

その中で時間の使い方という考え方がありまして、

フレーズやリズムの構築

音符の長さの扱い方や

聞こえる速度を変化させる演奏方法

などなど実はメロディやコードなど音の高低差とは違う部分に大量の情報が入っています。

それを聞き分けられるようになるには耳を凄い鍛えないといけないのですが、

楽器をやらない人でも気持ち良い気持ち悪いで無意識に判断しています。

極端な話「嫌な予感」とかそれに近いレベルで判断してるような気がします。

ほんとこれは普通は見えない物ですから。

なんでかって時間を使った表現だから。

時間は目には見えないけど、体では感じている。

 

それを視覚化してアプローチできるようになるのがドラマーの仕事の1つ。

と思います。

 

ドラマーの仕事シリーズは次はまだ決めてないけどまた紹介しようと思います。

 

 

 

音楽の聴き方2

今回は前回の続きのような感じです。

前回は抽象的というか感覚的な話しでしたが

今回はもう少し理屈っぽい話しをしようと思います。

 

ところであたなにとって音楽とはどういうものでしょうか?

 

私の場合

作る、演奏するという立場では

子供の頃から頭(心?)の中にいつもある掴みきれない何かを

形にして外に放出する方法であり、コミュニケーションツールであり、

人生を大きく方向転換するきっかけ。

 

聴く立場では

心が洗われるような経験をしたり

元気をくれたり

頭が真っ白になるくらい熱中できるもの。

 

というところでしょうか。

 

今、音楽は世の中に溢れていて

シーンによっては次々に新しい曲が生まれ続けています。

聴く側は追いついて行くのが難しい状態ですね。

 

みなさんは心底好きになった曲はありますか?

ある方はきっとその曲を飽きることなく聴き続けていたはずです。

久しぶりに聴いてもやっぱり良いなと思うでしょう。

そのくらい長く愛せる一曲に出会うには今は自分から探しにいかないと難しいですね。

 

そのためには聴き方も知ってると便利かもしれません。

音楽というのは直感で受け取ることができれば一番話しが速いですが、

理解できない物が理解できる状態になるとより聴ける幅が広がります。

たとえば何をやってるのかよくわからない曲を

「つまんない」

で終わらせてしまうのか

何をやってるのかわかって聴くのでは全然受け取り方が違いますよね。

そういう時はまず聞き取れる音を拾ってみてください。

メロディでも歌詞でもいいです。

常に一定の間隔で鳴っている楽器を見つけるのも1つの手です。

 

そうそう、バンド系に関していえば

ベースの音が認識出来ていない人が多い印象ですね。

そういう自分もバンドを組むまではベースの音を理解していませんでした。

 

そうやって各楽器の音が聞き分けられるようになると

音楽の聞こえ方も変わってきます。

 

直感で理解出来なくても

構造や理由がわかれば聴き方もわかるはずなので。

 

ドラムの音なんかはそれこそ音程が移動しないので

「ドン」とか「タン」って口ずさんでみるといいです。

 

いわゆる耳コピ(楽譜を見ないで耳で音を拾う作業)の始まりですw

 

ぜひ気が向いたら

もしくはあまりに歯医者とか美容室など暇でしかも

全然自分の趣味に合わないBGMが流れてる時にでも試してみてください。